自己処理よりも脱毛の方が肌に良い理由は?

###Site Name###

自己処理をし過ぎて肌が乾燥してしまったり、肌荒れをしてしまったり、黒ずんでいってしまう方は多いのではないでしょうか。
なぜ自己処理をしてしまうとこのような原因になってしまうのか。まず、黒ずみの原因はメラニン色素の活性化です。

新宿の医療脱毛の情報なら当サイトにお任せ下さい。

特にデリケート部分(ワキやデリケートゾーンなど)は、肌を守ろうとしメラニン色素を活性化させます。


肌の擦れなどでも原因で色素沈着してしまいます。
これは、予防は出来ないのである程度は仕方ない部分でもあります。
そういった場合は、こまめに汗を拭いたりなどすれば最小限に抑えることができます。



また、黒ずみが気になり無駄毛を剃刀や毛抜きなどで自己処理してしまうと、肌への負担が大きくなります。



特に、毛抜きは生えている毛を無理やり抜いてしまうため肌を傷つけてしまい、それを守ろうとメラニン色素が活発に働きます。

それを何回も繰り返すことにより、乾燥や肌荒れ、黒ずみの原因になります。


こういった原因を予防できるのは、脱毛です。

脱毛は医療脱毛や脱毛サロンで行うことができます。

機器で行うため、肌への負担が自己処理に比べ軽減でき、綺麗な肌になります。
脱毛は、施術をしてから毛が約1ヶ月生えてきません。

1ヶ月毛が生えてこないことにより、自己処理をする回数が軽減します。また、何回も回数を重ねていく事により毛は薄くなり、目立たなくなってきます。

そうした際は自己処理をする必要がなくなってきます。

また、その後に保湿をする事によりなお肌への負担が少なくなります。